煎じ薬 温経湯ウンケイトウ 30日分 薬局製剤 口唇乾燥を伴う貧血-第二類医薬品 煎じ薬 温経湯ウンケイトウ 30日分 薬局製剤 口唇乾燥を伴う貧血-第二類医薬品。

煎じ薬 温経湯ウンケイトウ 30日分 薬局製剤 口唇乾燥を伴う貧血-第二類医薬品

お仕事詳細検索

派遣のお仕事情報

お仕事のご紹介には、リクルートスタッフィングへの登録が必要です。


地域により送料が掛かる場合があります。
温経湯(うんけいとう)

【製造元】赤尾漢方薬局

【内容量】30日分(30袋)

【効能又は効果】

体力中等度以下で、手足がほてり、唇がかわくものの次の諸症:
月経不順、月経困難、こしけ(おりもの)、更年期障害、不眠、神経症、湿疹、皮膚炎、足腰の冷え、しもやけ、手荒れ(手の湿疹、皮膚炎)

【服用方法】

1日分(1袋)を袋のまま水 約600cc に入れ半量まで、とろ火にて、約40~50分程かけて煎じ、1日3回、食前(30分以前)又は、食間(食後2.3時間)に温めて服用してください。煎じた後の袋は必ず、よくしぼって捨ててください。

【成分】

当帰(トウキ)・・・・・・・・3g   川キュウ(センキュウ)・・・・・・2g芍薬(シャクヤク)・・・・・・2g   桂皮(ケイヒ)・・・・・・・・2g牡丹皮(ボタンピ)・・・・・・2g   生姜(ショウキョウ)・・・・・1g甘草(カンゾウ)・・・・・・・2g   半夏(ハンゲ)・・・・・・・・4g麦門冬(バクモンドウ)・・・・4g   人参(ニンジン)・・・・・・・2g呉茱萸(ゴシュユ)・・・・・・1g   阿膠(アキョウ)・・・・・・・2g

【漢方専門薬剤師からの注意点】

温経湯(うんけいとう)を用いる人の特徴は痩せ型で体力がなく貧血気味で、皮膚が乾燥しており、口唇が乾燥し、冷え症でしもやけやひび、赤切れができやすく、お腹も冷えて下痢をしやすいのが特徴です。

不妊症に当帰芍薬散と温経湯がよく用いられるのですが、両処方とも貧血気味で冷え症があり血行が良くないなが共通点なのですが、温経湯を用いる人のほうがより体力がなく、疲れやすいです。
また、温経湯には生理時に下痢をしやすいや手がほてるといった特徴もあり当帰芍薬散との判別になります。

一般的に温経湯や当帰芍薬散を用いる人の生理痛(月経痛)は生理前にあるのではなく、生理中に痛み、生理の量は普通か少なく、生理周期も遅れがちである場合が多いです。